ホーム|革小物の極 > K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)

K.T.Lewiston
ケー・ティー・ルイストン

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)

日本を代表する革小物の人気ブランド、K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)。
オールデンを日本に提供している代理店ラコタ社が展開しているブランドです。希少価値の高いコードバン素材を用いた革小物の評価は高く、人気があります。
熟練した職人によって作り出される立体感と豊かな表情、そして独特な雰囲気を醸し出す厳選素材と美しいステッチングが、K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)のアイデンティティです。丁寧な仕上がりを大切にして、製品の独自性を追求する革小物の正統派ブランドです。

スポンサードリンク

財布

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン) シェルコードバン・純札 財布

シェルコードバン 純札 /K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)

高級素材、植物鞣しのシェルコードバン(馬の尻革)を惜しみなく使ったオーソドックスな二つ折り財布。
コードバンは表面がとても滑らかなため、鏡面のような光沢がある。弾力性があって頑丈なのも特徴で、ハードな使用に耐える人気の高い革素材です。中でも尻革の肉厚な中央部分だけを採取して、植物タンニン鞣しで仕上げた「シェルコードバン」は希少価値が高い。

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン) シェルコードバン・純札 財布

インナーに至るまで「シェルコードバン」を使用しています。熟練の革職人によるコバ仕上げや縫製もさすがに完璧です。小銭入れが付いていない「純札」なので、長年使っても型崩れしにくいですね。

「コバ」とは革の切り端、切り口のことを意味します。重なった革の切り口が「木の端(木目)」のように見えることから木端=コバと呼ばれるようになったそうです。その革の切り口を仕上げることを「コバ仕上げ」といいます。コバ仕上げにはいろいろな方法があり、色付きラバーを塗布したり、へり返しをしたり、磨いたりする方法(コバ磨き)などがあります。

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン) シェルコードバン・純札 財布

内張りには、タンニン鞣しのキップレザー(牛革)を用いています。このラグジュアリー感はタマリません。

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン) イントレチャート(編みこみレザー)二つ折り財布

イントレチャート 二つ折り財布/K.T.Lewiston

羊革を用いたイントレチャート(編み込みレザー)の二つ折り財布。高級感のあるしっとりと手に馴染む質感が魅力です。

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)の財布

革小物

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン) 携帯ストラップ コードバン

携帯ストラップ コードバン/K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)

コードバンを使用した携帯ストラップ。キメが細かく滑らかな光沢を放つ最高級のコードバン素材と、美しいステッチングが魅力です。携帯電話を替えても、携帯ストラップは替えずにずっと使い続けたいですね。もちろんエイジング(革の経年変化)を楽しみです。
色は、ネイビー・ダークブラウン・ブラックの3色から選べます。

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン) 携帯ストラップ コードバン

内側には「K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)」の刻印入りです。

K.T.Lewiston(ケー・ティー・ルイストン)の革小物
スポンサードリンク