ホーム|革小物の極 > 財布の種類

財布の種類

財布の種類、タイプについて紹介します。
財布にどんな種類があるのかを知っていると自分のニーズ・用途に合った財布の種類が分かって、財布を買うときに役立つと思います。

スポンサードリンク

ジップ・アラウンド

ルイヴィトン エピ ジッピーウォレット ジップアラウンド ファスナーラウンド
ジップ・アラウンド

ジップ・アラウンドとは、財布の開口部をジッパーで閉じてあるタイプです。ファスナーラウンドなどとも呼ばれます。開口部をジッパーで閉めることが出来るので安心感があります。バッグの中にしまっていても中身が勝手に出てしまう心配がありません。
ジップアラウンドタイプの財布は、収納能力に優れた大きな財布が多いです。お札、小銭やクレジットカード、免許証などをひとつの財布に入れる方におススメのタイプの財布です。

ルイヴィトン エピ
ルイヴィトン エピ

コーチ COACH ペネロピ penelope ジップアラウンド zip around
コーチ ペネロピ

エンベロープ(札入れ)

ルイヴィトン モノグラム ポルト バルール・カルト クレディ
エンベロープ(札入れ)

エンベロープ(envelope)とは「封筒」という意味。「お札入れ」と呼ばれることも多いですね。お札とカードを収納することの出来るスリムな形状の財布です。
お札と小銭を分けて入れているのでとてもスッキリとします。エンベロープ(お札入れ)は、スマートな印象がありますね。カードがたくさんあって整理に困っている人はお札入れ、小銭入れと分けて入れるのもスッキリさせるひとつの手段かも知れません。

コーチ 財布 COACH クリスティン kristin スリム エンベロップ(SLIM ENVELOPE)
コーチ クリスティン

ルイヴィトン モノグラム ポルト バルール・カルト クレディ
ルイヴィトン モノグラム

2つ折り財布

ルイヴィトン エピ
2つ折り財布

通称、2つ折り財布と呼びますが、2つ折り財布といっても様々なタイプがあります。各ブランドともいろいろなタイプをラインナップしていることからも分かるように最もニーズが高いタイプといえるかも知れません。
大きくは、2つ折りした時に留め金具のあるタイプとないタイプに分かれます。さらに小銭入れが付いているタイプと付いていないタイプです。
お札を2つ折りして入れるので折れてしまうのが気になる人には向いていないですね。また小銭入れが付いているタイプでもたくさん小銭を入れると財布が型崩れしてしまうので注意が必要です。
お札、小銭、カードや免許証などすべてを1つに収納できて、コンパクトに持ち運びたい人にピッタリのタイプです。どのブランドもラインナップが豊富なので、気に入ったものを探しやすいのもメリットかも知れません。

ルイ・ヴィトン エピ 財布
ルイヴィトン エピ

コーチ ペネロピ コンパクトクラッチ
コーチ ペネロピ

3つ折り財布

ルイヴィトン ダミエ
3つ折り財布

3つ折り財布は、あまり持っている人が少ないタイプかもしれません。高級感と上品さのあるタイプで女性に人気が高いですね。
3つ折り財布にも、お札を折らずに入れるタイプとお札を折って入れるタイプの2種類あります。どちらのタイプも収納能力に優れますので、カードなどが嵩張る方にはおススメです。

ルイヴィトン ダミエ
ルイヴィトン ダミエ

ルイヴィトン モノグラム
ルイヴィトン モノグラム

スポンサードリンク